プロフィール写真を新たに

演奏や音楽のこと
04 /12 2017
      


新年度に入り、気分を新たに・・・
プロフィール写真の撮影に行って参りました。

現時点で確定している出演予定としましては、

4月22日(土) なにわにて春爛漫コンサート。お陰様でこちらは完売です。

6月10日(土) 東松山市「五月会」にて、声楽の皆さんの伴奏。

6月18日(日) オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」「修道女アンジェリカ」。私は、オケ中ピアノを務めます。オケピットに入り、弦管楽器とのアンサンブルです。オケ稽古は来月からですが、まだ譜面が届いておりません・笑(いつもギリギリ^^;)歌手の皆さんの稽古は順調に進んでいるようです!

9月10日(日) Music Festivalと題した室内楽のコンサート。こちらはピアノ五重奏などとっても華やかな演目揃い。もちろん私は全曲演奏します!

11月26日(日) 品川にある高輪プリンセスガルテンにて、ソロリサイタルを行います!現在、プログラムを考え中です。成長した演奏をお届けできますよう、日々鍛錬。

そして来年には、モーツァルト ピアノ協奏曲第20番を演奏させて頂く機会を頂きました!


たくさんのお客様にお越し頂けますよう。喜んで頂けますよう。日々精進します。
全て詳細は決まり次第お伝えいたしますので、何卒宜しくお願い致します!

そもそもロシア奏法って?「従来の奏法との違い」「誤解された脱力」「本当の重力奏法」

奏法についてのお話
03 /27 2017
最近、生徒さんを教えていて色々気が付いたことがあり、それがある程度まで膨れ上がってきましたので、今年度の締めとして、ここに報告します(笑)今現在習っている方はもちろん、「ロシア奏法・重力奏法」というワードからこのブログをご覧になっている方も、是非ご一読頂ければと思います。と同時に、文章で記すことの限界も感じています。本やブログなどの文字情報の通り真似てみたとしても、残念ながら推測ベースであることも、レッスンの中で明らかになっています。実際にこの奏法で演奏しているピアニストやピアノ教師の丁寧な指導の下、自ら体感、実感し、継続することが全てです。


♦ロシア奏法(重力奏法)とは♦
多くの一流ピアニストが身に着けている演奏法です。(ロシアの作品のみを弾くための奏法ではありません。そもそものピアノの弾き方・技術です。)身体にとって自然で、かつ合理的な骨の動きと、それを支える筋肉を使う演奏法です。レガートを基本とした美しく歌うような音が特徴です。コントロールの利いた繊細なタッチで、豊かで深い響き、遠くまで届く研ぎ澄まされたピアニッシモ、多様な音色を生み出す奏法です。ホロヴィッツ、アルゲリッチ、プレトニョフ、ソコロフ、ガブリロフ、ダン・タイ・ソン、キーシン、ラン・ラン、トリフォノフなど多くの一流ピアニストがこの奏法です。(国籍は関係ありません)


♦従来の奏法との違い♦
従来の日本の音楽教育現場に流通している「指弾き」(ハイフィンガー)は、手首を固定し、指の関節を固めて、まず指を持ち上げてから落とすという弾き方です。出てくる音の特徴としては、とても硬い音、そして音色の変化がありません。この弾き方は、指の運動量が異常に多く、指に頼った「指主体」の弾き方です。人によっては指が弱い、回らないと指摘を受け、自分は技術がないんだと思ってしまったり、長時間無理な練習をして故障を招くこともあるのです。

対して、レッスンでお伝えしている ロシア奏法は、指を持ち上げる筋肉「伸筋」を使わず、物をつかむときに使う「屈筋」で弾く奏法です。この奏法は、上腕の重さを利用した重力奏法にも基づいています。指の上げ下げを行わないので、結果として指の運動量は軽減されます。とても楽で、疲れず、まるで弾いていないような感覚になります。それなのに、従来の弾き方よりも指が安定して、細かいパッセージなどがクリアに弾け、なおかつ、レガートで歌うような響きや音色のコントラストをつけることができるのです!


♦脱力の間違った解釈♦
ピアノの教育現場では「脱力」が永遠のテーマとされています。最も大切なことは、「どこを脱力するか」にあるのですが、、、レッスンに来る生徒さんの多くが、間違った場所を脱力をしている事に気が付きました。(ここでの脱力とは「ピアノを弾く上で有効に働く脱力」ということです。)

例えばとして、以下に2パターン記してみますね。

1.手首を脱力し、指の関節を固めて指の上げ下げで弾いている状態⇒腕の重さが指に直接到達し、鍵盤を押し込んでしまう⇒響きが潰れます。詰まったような音になります。ある程度の強弱はつきますが、音に全く表情が付きません。音色のコントロールも不可能です。

2.手全体を脱力して弾いている状態⇒鍵盤の押し込みはありませんが、キースポット(鍵盤の深さ1センチの中にある音が鳴るスポット)を捉えられずに、音が浮き上がってしまいます。指と指の隙間から音が漏れていくようになり、音の密度が低く、芯の無い浮いた音に聞こえます。

どちらのパターンも、間違った解釈です。。。
正解は、支えるべく所は支え、脱力すべく所を脱力する。
では、その「支え」とはどこか?どこを「脱力」するのか? (「支え」は緊張や固定とは違いますよ!)


♦本当の重力奏法とは♦
重力なんだから、とにかく重さをのせればいいんだな!というのは間違いです。鍵盤には自動的に戻ってくる浮力があります。その浮力を利用して弾くのです。
『鍵盤を押し込まず、しかし、浮き上がらずに弾く』わけですが、これを成すには、技術が必要です。

コントロールされた美しい音を出すためには、インナーマッスルを使います。中でも手の安定を目指すには《手のひらの筋肉》と《前腕の内側の腱の支え》が必要です。この《屈筋と腱》が育つと、手が安定し、指の繊細なコントロールが可能になっていきます。この安定により腕の重みを支えるのです。「上腕の重みを自然に落としつつ、前腕の下側と手の中で支えているという状態」=「脱力と支えの関係」 これこそが、本当の重力奏法です。


♦耳の意識♦
そして、これらのことと同時に、「耳の意識」を変えていきます。自分の出す音全てに耳を澄まし、耳で音を追っていく習慣をつけます。身体のコントロールと、耳をどう使うかは、常にセット。少しづつ使うべき筋肉や腱が発達し、音色が変わっていく段階で、耳もそれを追い求め変化をしていきます。不思議なことに、耳に意識が行くと、身体の無理な緊張が解け、いわゆる「ピアノ演奏にとって有効な脱力」が成功するのです!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

奏法について触れている過去の記事を、ひとつのカテゴリーにまとめました。
より細かく、詳細に書いています。⇒奏法についてのお話

春の準備

演奏や音楽のこと
03 /06 2017
今年度も間もなく終わりますね。世間としても始まりと終わりの準備で、何かと忙しい時期なのではないでしょうか。私も、今、全体的に人生が忙しい(笑)転換期、浄化の時期が来ていると感じずにはいられないような出来事が次から次と起こり、何もこうも重ならなくてもいいのにと笑ってしまうくらいです。そうそう、何か決断に迷ったときは、「勇気」を必要とする方向を選んだほうが、人生が飛躍するようですね。その勇気とは、「自信」なのかもしれませんね。そして自信とは、「積み重ね」から芽生えるものなのでしょうね。

そんな日々ですが、きっとその頃は春爛漫であろう4月22日。神保町和亭なにわにて、第7回目のクラシックコンサートを開催いたします!今回のゲストは多方面で大活躍されているベテラン歌手お二方をお呼びします!!

      0001.jpg

暖かな春を想像し、これから具体的にプログラムを詰めていきます!
座席に限りがございますので、もしご興味ございましたら早目のご連絡を!!

現代《の》音楽

演奏や音楽のこと
03 /03 2017
本日は東大のゼミ合宿で演奏してきました。ゲストに作曲家の北爪道夫先生をお招きし、先生の作品を、先生の前で!演奏させて頂きました。前々回のブログに書きましたが、クラリネット協奏曲です。
ピアノリダクションの譜面では、作品のイメージが湧き辛く悩んでいました。2日前にクラリネット奏者と合わせをし、その時に初めて音源を聴かせてもらうという事態(笑)(泣)しかしながら、音源を聴いて、なんと美しい響きの世界なんだ!と、居ても立ってもいられない気持ちになりました。そこからは自分と作品の間に通り道ができ、大好きになり、愛を持って練習しました。

私の中で「現代音楽」いえ、「現代《の》音楽」(北爪先生が『の』を入れてほしい!と仰っていました^^)に対するイメージが大きく変化しました。作品に表れている響きの美しさは、倍音の重なりが研ぎ澄まされているのに温かみを感じるという、独特の世界観だと感じました。どこからともなく表れる音の流れ、生まれては消えを繰り返し辿り着く頂点。音の消え方までもが本当に美しく。いわゆるクラシック音楽に例えるなら、スクリャービンの響きの世界観に通ずるものを感じました。

北爪先生の精神世界は、自然界でいう「雲」と最も調和するそうです。「ゆったりとした変容と雄大な流れの中に、響きや色を聴く」と仰っており、先生の作品がまさにそういった印象を受けますので、やはり、「作曲家が大切にしている最も調和する感覚」がそのまま音楽に反映されるんだなと改めて思いました。そうやって考えてみると、クラシック音楽を演奏するときに、私たちが何を大切にするべきかが見えてきませんか?今一度、自分がいま向き合っている作曲家の本質をきちんとつかむということが、その作品に命を宿すことに繋がることに気付きます。

最後に、先生の資料にある言葉をここに記します。

『私は様々な音楽から等距離の場所に立ちたい。音楽とそれ以外も出来れば区別して考えたくない。そうした場所で「現代の音楽」を考えたいのです。すべての経験を生かして得られた直観が「音の真実」を見抜くのではないか。合理性からはみ出した部分が大きな説得力を持つと思います。』

クラシック・ジャケットの女性~日経新聞~

演奏や音楽のこと
02 /23 2017
伴奏で収録に携わったCDについて、日経新聞に掲載されました!
ちなみにCDはAmazonで購入できます。

      

収録は5年前かぁ
懐かしいです。

現代音楽へのアプローチ

演奏や音楽のこと
02 /13 2017
皆さん、現代音楽にはどのようなイメージや印象をお持ちでしょうか?

ウィキペディアから引用すると、『西洋クラシック音楽の流れにあり、20世紀後半から現在に至る音楽を指す。 現代音楽は、調性をはじめとする従来の音楽様式を否定した先鋭的な音楽を指すことが多い。 最も顕著な特徴は無調への傾倒と不協和音の多用である。』

とあります。簡単に言ってしまえば、いわゆる私達が接しているクラシック音楽には、旋律や和声があり、調性という様式の中に成り立っています。かたや現代音楽はそれらの伝統的な音楽パターンを破壊する形で作曲されています。演奏者としては、譜読みをし、身体に馴染ませるまでが至極困難なものが多いです。複雑なリズムや、音と音がぶつかり合う不協和音、広い音域に渡って音の跳躍が多いのも特徴です。個人的には「頭脳の音楽」「アカデミックな音楽」という印象です。


      


このたび、北爪道夫先生のクラリネット協奏曲を、先生ご自身の前で演奏する役目を授かりました!お声がかかった時点で本番まで3週間もない状態。楽譜が届いていよいよ譜読みを開始して、現在私の脳はオーバーヒートしております。。。クラリネット協奏曲ですので、クラリネットのソリストがいらして、私はオーケストラのパートを弾くことになります。オケパートをピアノ用に編曲されたものをピアノリダクション版というのですが、複数の楽器の動きを、ピアノ1本で弾くことになりますので、技術はもちろん、音の進行、響きの方向性を立体的にすることでオーケストレーションの雰囲気を出すように努めます。

本番までに日数が少なく、無茶ぶりだなぁ…(汗)と思いましたが、とてもありがたい任務です。現段階では間に合う自信がありませんが(笑)何とか身体に入れて、できる限り、作品の本質に迫れるよう弾き込んでいきます!

演奏家が育つ環境

演奏や音楽のこと
02 /10 2017
近年、私のかつての教え子たちが、演奏家として舞台に立つことも多くなってきました。とっても嬉しく、本当に喜ばしいことです。共通して見られるある種の「熱感」「粘り強さ」みたいなものを、思い起こせば皆子供の時から持っていると感じます。

よく、「環境が良かったのね~」「ご両親に感謝ね~」と言われることが多いものです。それは本当にその通りで、否定するつもりはありません。実際、多額のレッスン料(長期に渡って)と学費がかかります。楽器自体も高いです。楽器を練習する環境(防音など)も必要です。それらの環境を経済的にも精神的にも整え、支え続けてくれるのは、両親や家族です。

ですが、「環境だけでは続かない」ということも事実なのです。実際、とても裕福な家庭に生まれ育ち、音楽を学び演奏家の道に進む人もいますが、様々な理由で(環境的には続けられるが)やめてしまう人もいます。かたや、環境的に続けることが困難だけど、いろいろな協力を受けて(受ける流れに不思議となる!)続けていき、花が開いていく人もたくさんいます。

何が言いたいかというと、「本人の努力次第」なのです。
続けることも、やめることも、本人が決めたこと。
環境だけでよい演奏家が育つほど、甘くはないし、簡単ではないです(笑

人を好きになる気持ちと一緒で、理由なんかない。何だかわからないけど惹かれる。そして飽きない。時によく分からなくなるけど、やっぱり一番好き。一緒にいることが当たり前。だけど特別。
一流・二流に関わらず、根っこにある気持ちは一緒だと思います。役目とか使命とかの前に、実に単純でシンプルな気持ち。それが何かを続けている人の共通点かもしれませんね。


それにしても、マイ楽器と常に一緒、演奏はもちろんその「愛楽器」と・・・という弦楽器や管楽器の皆さんが本当に本当に羨ましい。。。しかも、自分の体の中に入る、懐に入るサイズ感って、なんかいいじゃないですか(笑
それに比べてピアニストって特殊ですよね。毎回初めましてが殆どで。(超一流ともなれば、マイピアノを輸送する方もいらっしゃいますし、会場以外の楽器を選定することもありますが、それは稀です)。ピアニストの使命として、相性がよかろうが悪かろうが、瞬時に仲良くならないといけないのです。そして、そんないろいろな性格を持つピアノさんを、演奏者の要望や素質に合わせて弾きやすくする使命を調律師さんが担ってくれているのです。チューニングを他者に任せるピアニストという職業は、本当に特殊ですね。

コンチェルトで学んだこと

演奏や音楽のこと
01 /24 2017
      

22日(日)、東京大学安田講堂にて、ピアノコンチェルトを演奏してきました!リサイタルの翌日でしたので多少ボーッとしつつ、早朝8時に現場に到着(*_*)今回のイベントは中高生向けの「ひらめきときめきサイエンス」。そして、演奏録音でした。安田講堂にはピアノがありませんので、あらゆるピアノを知り尽くしたスペシャリスト、調律師名取孝浩さんに選定・搬入して頂きました。コンサートホールではない場所には楽器の搬入ルートは無く、階段もあります。今回は名取さんを先頭に、東大生の皆さんが助けてくれました!皆さん本当にありがとうございました!!

     

今回ステージ上はオケの皆さんでいっぱいですので、残念ですがピアノは下に。アンサンブルが難しいかもしれないなと少々身構えました。しかもピアノはベーゼンドルファーです。いざ弾いてみると、まあ素晴らしい!不安は一気に吹っ飛びました。30分ほど試弾させて頂き、モーツァルトやシューベルト、ショパンを弾き、ピアノさんと仲良くなれるようにゆっくりと語りかけました。優しく触れるように・・・しかし音に芯は欲しいですので、あまり撫でるようなタッチという訳にもいきませんね。手の中に音を集めるようにて・・・。それにしても名取さん、本当に弾きやすく仕上げて下さっていることがよくわかりました。お陰様で、まろやかに優しく漂う木の音を堪能。真珠のようにポロポロと音が躍るんです。このピアノでリサイタルしたい!!と夢中でした(笑

     IMG_0730.jpg

今回のイベントの主催者であられるマエストロ、伊東乾先生。早朝8時から夜の22時という長い1日にもかかわらず、何から何までパワフルにこなされるバイタリティとタフさにはいつもびっくりさせられます(*_*)今回も溢れるパワーを頂きました!やはり指揮者さんという存在が持つ、圧倒的な「熱感」というものはとっても不思議ですね。今回、コンチェルトのソリストという大役を与えて下さったことに、心より感謝いたします。本当にありがとうございます。

        IMG_0698.jpg

そして、芸大&東大オーケストラの皆様。皆さんにとっては朝からのイベントに続き、夜の録音。緊張の続く中、最後まで真摯に演奏に向き合う姿、熱の入った演奏に深く感動しました。ご一緒できたことを、心より感謝致します。またご一緒させて頂きたいです!個人的には、コンチェルトのソリストとは「全体の音に耳を澄まし、冷静に柔軟にその一瞬に対応する、時に自分のやりたいような流れに持っていく、時にオーケストラの流れに融合する、それらすべてに愛を持って対応、表現する」これが要だと学びました。とっても幸せな経験をさせて頂きました。サポートして下さった東大生の皆さん。コジマ録音の皆様。関わっていらした全ての皆様。当初は自分の演奏のあれこれを気にしていましたが、最終的には自分の存在も忘れ、おひとりおひとりの存在が愛おしくてしょうがないような心境になっていました(T-T)とっても不思議な感覚。。

      

さて、演奏動画をアップします!時間が押しました関係で、録音はまさかの1テイク(笑)リハで2回ほど合わせましたが。しかも収録は21時でしたので疲れのピークで夢遊病状態です。その辺りを御考慮頂き、優しいお気持ちでお聴き下さい!!

    

微笑みながら涙する

演奏や音楽のこと
01 /23 2017
21日(土)、第6回 和亭なにわクラシックコンサート、無事終演致しました!
前半はモーツァルトのソナタに始まり、ショパンのノクターン、マズルカを。後半はシューベルトの小品をお届けしました。アンコールは翌日に弾くコンチェルトを演奏しました。

自分にとっては珍しく、帰宅後すぐにビデオをチェックし改善点を明らかにしました。良いところも、今後良くしたいところも、受け入れられるようになりました(笑)心も身体も成長した模様です。





モーツァルトの2楽章や、ショパンのマズルカにある、「微笑みながら涙する」。そんな感覚。そのことをトークでお話したところ、深く共感したと仰って下さり、わかる方にはわかるこの感覚を共有できたことに幸せを感じました。

シューベルトの作品には「死と永遠と光と闇」が混在する世界を見ます。
今回のコンサートには特にテーマを定めておりませんでしたが、潜在的にそのような気持ちになっていたのだと思います。








終演後の懇親会では、お客様とお話が出来、これまた楽しい時間となりました。
最初、「私はそんなに詳しくないので・・・」とご謙遜される方も、おしゃべりしているうちに音楽に対する愛情や、好きな作品の話がどんどんと出てきて・・・こちらとしては「待ってました!」という思い^^

お客様のお好みを知ることは、こちらとしても視野が広がり、また皆さんに喜んで頂けるものをご準備できるきっかけにもなります。ですので大変嬉しく、ありがたいのです。これからも、皆さんが欲している作品をご用意しつつ、皆さんにも知って頂きたい作品を、積極的に取り上げていきたいと思っております。

コンチェルト ~オケ合わせ~

演奏や音楽のこと
01 /18 2017

音の出し方を今一度考えてみる。

演奏や音楽のこと
01 /05 2017
本年も宜しくお願い致します!
昨日、仕事始めはアシスタントとして、キラキラ中高生に指導のお手伝い。

若いって素晴らしい。

たくさん吸収することで、自分の持ち味がわかり、同時に今後何を学ぶべきかの流れも、何となくでも見えて来ることと思います。
学んでいる際の子供たちのキラキラ感、大好きです(笑





この講座では、実際にピアノを弾き、音楽を感じ、慣れてきたら、さぁ!指揮をしてみよう!という内容。
私のお役目は、一緒に弾き音楽の流れを見せることと、その際のピアノ指導です。

ピアノは、言ってしまえば、押せば鳴ってしまう楽器です。
この導入が、多くの問題を発生させます(笑)
実際は、ひとつひとつ確認修正してから鍵盤に触れるということが大事。


どのような流れか、簡単にご説明しますね♪
まずは一度弾いてもらいます。
うん、なるほど・・・となり、以下からスタートです。


①まずは椅子の高さ、座り方を修正。だいたい皆さん低く設定しているので、少し高くします。重心が背中側に来ている方が多いので、おへそ側に修正。

②次に、ピアノの音の鳴る仕組み(簡単にハンマーの動きの事など)、そして音の鳴るスポットを教えます。

③そして、身体の使い方。ひとつひとつ、力みがあるポイントに実際に私が触れ、本人に自覚してもらいます。

④そして、最重要改善ポイント!鍵盤へのアプローチの仕方を変えてもらいます。多くは、下方向に押し込む弾き方になっているので、音がガチガチ、動きもガチガチという状態。前・上方向に抜けていくタッチや、すくうタッチなど色々あるので、その場に応じての内容になります。

きちんとした指導のもとに、自分自身が実践して気付く事で、音が変わります。弾きやすくなります。
楽譜の読み方を知り、作曲家を知り、背景を知ることはもちろん当たり前に大事です。ですがこれだけでは「ピアノを弾く」ということの勉強が置き去りに。。。

今一度、「音の出し方を考えてみる」

響きが変わることで、作品の本質が浮き上がってくるという発想です。

ピアノとの向き合い方

演奏や音楽のこと
12 /22 2016
突然決まりました、というか、決めました。

1月21日(土)に「第6回・和亭なにわクラシックコンサート」を開催します!
第5回は、昨年11月でしたので、1年以上経ってしまいました^^;

今回はソロリサイタルです。

何気に1月21日は父の命日で、七回忌です。
だからという訳ではないですが、演奏したい曲にも少なからず・・・いや大きく影響しました。


自分自身のベースにあるショパンは、やはりプログラムに入れると安心します。
そして今回は、モーツァルトとシューベルトを選曲しました。
       
0001 (1)


プログラムの選曲は、当日に何を演奏したいかはもちろんなのですが、
その日までに何を弾いていたいか、つまり、どういった感情で過ごしていたいかという心理もあります。


そして、これからの未来、「自分はどういった音楽家でありたい」という指針にもなるなと。
それは自分自身にもですし、聴いて下さるお客様に対してもです。


1カ月しかないので、朝練・夜練もしなくては(笑

解剖学的にからだの構造を知る(重力奏法を学ぶ前に)

奏法についてのお話
12 /11 2016
いきなりですが・・・

右手の、手のひら側から見た《骨の構造》です。

どうぞ注意深く、よく見て下さいね!

自分の手を見てみるとわかる、手首と手のひらの間にある、こんもりとした部分。
そこはたくさんの骨が集まった「手根骨」。
その先の、ちょうど手のひらにある「中手骨」、こちらも指の骨として認識します。

手首からが指です

ここがまず、ポイントです。

腕の重みを利用する重力奏法は、手首から弾く感覚が重要です。


        手の骨



手の骨の構造、何となくイメージできましたか?


そうしましたらお次は、骨の周りにある《筋肉》を見てみましょう!
右手の、手のひら側から見た解剖図です!

    手のひらの筋肉

手にはたくさんの筋肉があり、それぞれの役割が分担されている事が分かります。
それと同時に、《指には筋肉が無い》ことがわかりますね。

というわけで、日本で流通した教え、「指が弱い!指を鍛えて!指を独立させて!」というアプローチは、
残念ですが根本的に間違っていると言えます。。
間違っているというのは、からだにとって無理があるということです。
演奏の向上云々の前に、手を壊してしまいます。

過去の記事 にも書きました。


ここで具体的に、手のひらの筋肉の中から、「虫様筋」というものをピックアップしてみます。
上の解剖図から、虫様筋のみが描かれた解剖図です。
ご覧の通り、指の腱に沿うように付いていますね。
この筋肉は指の根元の関節を、手のひら側に曲げる筋肉です。
一流のピアニストはこの筋肉が発達しているそうです。

        虫様筋


世界の一流ピアニストが繊細に音色を使い分けるのは、この筋肉を使っていることがよく分かります。
私自身も奏法を変えてから、手のひらが分厚くなり、結果として指のコントロールが利くようになってきました。
蓋を開けてみれば、これらの筋肉が発達してきたということなんですね。

そして重要なのは、手は独立した筋肉を持つわけではなく、前腕の筋肉の動きが、手首→手のひら→指に腱で繋がっているということです。

からだの使い方を知る

演奏や音楽のこと
12 /04 2016
土曜日は、神保町町会様からのご依頼で、和亭なにわにてコンサートを開催しました。
ショパン、リスト、ドビュッシーの耳馴染みのある名曲と、シューベルトの小品を選曲しました。





作曲家によって、世界観は様々です。
当然、求められる音色が違うので、意識的にタッチを変えるのですが、なにわのピアノはそれに答えてくれるので、とても感動的なのです。


指先を固めにするタッチや、指の腹を使うタッチ、指のレガートなのか、響きのレガートなのか、ペダルの分量とタイミング、音の濃淡の付け方などなど。
以前に比べ、変化を付けられるようになった自分の技術力を実感できました。
これからも頑張ろうと思います!



「音色が温かかった」
というご感想を頂きました。

こちらの思いが伝わって嬉しいです。


やはり、演奏者が、その作品を通じて、何を考え、何を伝えたいのかを明確に持っている必要があり、それには、その作品を十分に弾くことのできる『技術』あってのことだと、最近特に痛感しています。
ここでいう『技術』は、感覚的なものではなくて、身体の使い方『奏法』が、明確であるということです。
例えば、ものすごく感性が豊かで、伝えたい思いや情熱に溢れていたとしても、それを明確に伝える技術が無いと、不安定な演奏になります。


弾いている本人も迷いの中にいます。


『こうすれば、こういう音が出る』


という事を、身体の使い方というアプローチで理解していて、それを具現化できる身体(筋肉など)を持ち合わせるようになると、様々な会場で様々なピアノに出会っても、冷静にコントロール出来るようになります!

まずは、解剖学的アプローチで、人間の骨はどう形成されているのか、筋肉はどこにどのようにあるのか、それぞれの部位はどこからどのように動き、どこから機能しているのか。
これらを理解する事で、身体の安定を得られ、身体の安定は、演奏中の心の安定にも繋がる事に気付きます。


脳がすっきり整理されている状態。


故 中村紘子氏は亡くなる直前にも、「新しい奏法を見つけたの!次のコンサートで試したい!」と仰っていたそうです。


素敵ですね。


音楽って本当に素晴らしい。
追求も勉強も、楽しい。


日々精進致します。

あたりまえのしあわせ

演奏や音楽のこと
12 /01 2016

こちらでも何度か書いています、朗読劇のこと。
私は劇中の音楽と、ミニコンサートでの演奏で携わっています。

昨年は前編、今年は後編。
全国各地で公演をしています。



スライドショーC(今治)
スライドショーC(今治) 2


みんな、本当に若い。

明日、飛び立つ身で、こんなに素敵な笑顔が生まれるなんて。


自らの人生を、命を、国のために捧げる。
こんな理不尽なこと、今を生きる私たちに理解できるでしょうか?


悪く言えば、平和ボケしてしまっているようなこの時代。
あたりまえの幸せを 「しあわせだな」、「奇跡だな」 と思える自分でいたいです。





劇中では、実際に特攻隊員の方が書かれた手紙を読み上げます。


『音楽を聴きたい。

本を読みたい。

勉強したい。』

写真トップ6


今を生きる私たちにとって、あたりまえのことが、彼らにとっては「夢」になっていた。


写真26
  法人会様のウェブサイトより写真を拝借しました。


これからも、いち表現者として信念をもって、与えられた役目に向き合っていきたいです。

小ノ澤 幸穂

小ノ澤 幸穂 Yukiho Onozawa

東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学ピアノ科卒業。在学中、板橋区クラシックオーディション合格。第5回ヤングアーチストピアノコンクール奨励賞受賞。第30回国際芸術連盟新人オーディション合格。コンセール・ヴィヴァン新人オーディション合格。2006年、ポーランド国立ショパン音楽大学マスタークラスにてピオトル・パレチニ氏に師事。ディプロマ取得。2010年、及川音楽事務所第17回新人オーディション優秀新人賞受賞。2012年、音楽の友ホールにてソロリサイタル「音の先にあるもの」を開催。2013年より東京大学大学院情報学環・作曲指揮研究室にて演奏助手を務め、ドイツ・バイロイト祝祭劇場での音響収録や、初演作品や現代音楽の演奏に携わる。

現在、ソロリサイタルの他、アンサンブルでの活動も多く、声楽家・ヴァイオリニストなど多数のアーティストに招聘され共演、CD録音やリサイタルでの伴奏を務める他、オペラ公演ではオケ中ピアニストとして携わるなど活動は多岐に渡る。また近年、クラシック音楽を身近に広めることを目的に、トークコンサートをプロデュース。

これまでに、佐川草子、大野真嗣各氏に師事。日本クラシック音楽コンクール審査員。板橋区演奏家協会会員。及川音楽事務所所属。東京大学大学院情報学環作曲指揮研究室演奏助手。

----------------------------------------------

ご感想・ご質問、レッスンについては
こちらまでお気軽にどうぞ。
 
  yukiho.onozawa@gmail.com

----------------------------------------------