Welcome to my blog

ピアニストな日々。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きけ わだつみのこえ


なげけるか

いかれるか

はたもだせるか

きけ はてしなき わだつみのこえ

きけ はてしなき わだつみのこえ 




1943年(昭和18年)第二次世界大戦終盤。
兵力不足を補うため、高等教育機関に在籍する20歳以上の学生を、
在学途中で徴兵し出征させた、学徒出陣(がくとしゅつじん)。

亡くなられた学徒兵達の思いを後世に伝えるため、
1947年(昭和22年)に遺稿集として『きけ わだつみのこえ』が出版されました。

「わだつみ」  とは、古語で 「海神」 を意味するそうです。

政府により学業を中断させられて戦地に出ることになった学徒兵。
軍隊の不条理や死の恐怖と直面した学徒兵の心の声。
そして、未来の平和への強い思いなどが綴られた文章をまとめたものです。

→ ウィキペディア

出版に際してタイトルを公募し、選ばれたのが
京都の藤谷多喜雄さんの「はてしなきわだつみ」でした。
その際に、短歌を添えられていました。



なげけるか

いかれるか

はたもだせるか

きけ はてしなき わだつみのこえ

きけ はてしなき わだつみのこえ



----------------------------------------------------


作曲家・伊東乾 氏が、藤谷氏の短歌に曲を作りました。
今回こちらで演奏者として携わることとなりました。
詳細は、リンクをご覧くださいね。

「真夏の夜の歌」----≪きけ わだつみのこえ≫共生と平和を希って」

日時 2014年8月31日 開場 18:30 開演 19:00
会場 東京アートミュージアム/プラザファウンデーション 調布市仙川町1-25
入場料 ¥2,500(全席自由)
主催 一般財団法人 プラザ・ファウンデーション


たった今、ヨーロッパにいる伊東先生から、手書きの譜面が到着しました!!

      写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。