FC2ブログ
Welcome to my blog

ピアニストな日々。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えたい思い


今年は紅葉を楽しむ時間は取れないかな・・・と思っていましたが、
昨日仕事で訪れた東大の本郷キャンパスで、黄金の絨毯に癒されました。    

出陣学徒に関する講演会。
ラストに演奏をしました。

   写真 (2)



ご登壇は、実際に学徒兵でおられた、渡邉信夫先生。
そして、慶應義塾大学名誉教授・白井厚先生。
司会進行は、東京大学准教授・伊東乾先生。 


渡邉先生が、こう仰っていました。

「たくさんの戦争に関する史料を読み、知識は豊富にある。
だが、その知識を伝えることは、誰にでもできること。
私は、私自身が体験したことを、伝えていく。
たくさんの迷いがあって、今に至っている。」

渡邉先生は、牧師さんでいらっしゃるからなのでしょうか・・・
語りが愛に溢れていて、漂う空気が本当にお優しく、
お声を聴いているだけで、温かい涙を誘いました。
先生ご自身が、沢山の苦しみを乗り越えて来られたのだろうと想像できました。
先生の語りで、沢山の人々が癒されることと思いました。


そして、最後に白井先生が仰った言葉。
「大学とは、愛情の基礎を作る場所であること」
終始、毅然とお話しされていた白井先生が、最後に温かいお言葉を発されたのが印象的でした。

学問を教えるだけでなく、人間としての基礎を教えるような大学。
現代では、なかなか難しいことかもしれませんね。
どのような先生に出会うかで、人生が大きく変わる。


2015年は、戦後70年。
風化させずに語り続けること。
絶対に戦争を起こさない日本であり続けてほしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。