Welcome to my blog

ピアニストな日々。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の考えを持つ。


東大でのお仕事。

ゲストはなんと!スタジオジブリの高畑勲監督でした!

監督の著書の中からテキストを抜き取って、伊東乾先生が曲をつけた作品の初演でもありました。


12804781_1144526788893696_2443585302757946152_n.jpg


ひとつのテーマを、その場にいる皆で考える、この哲学熟議。

その道の専門家を呼び、専門家としての声だけでなく、一人の人間としての考えを頂ける貴重な瞬間が随所に垣間見えます。

ちょっとした一言に大事なメッセージがあって、そこをもらさずキャッチし、自分の心にとどめる。
普段の生活に、頂いたメッセージが生きる瞬間があることを自覚しています。


高畑勲監督は、80歳を超えているとは思えない、何か「しっかりとしたもの」を持った方でした。

時間を共有させて頂いただけでも十分嬉しいことですが、演奏を高畑さんに聴いて頂けたこと・・・
これって凄いことかも、、、なんて今思っています。

プログラムに一緒に名前が並んでいることが、地味に物凄く感動。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。