Welcome to my blog

ピアニストな日々。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望の中で見た光

ここ3カ月、シューベルトを弾いています。

正確に言うと、仕事で必要な曲以外、シューベルトの小品とショパンのマズルカしか弾いていません。

シューベルトの「楽興の時」や「即興曲」は、ショパンの「マズルカ」と通じるものがあります。
どちらも、素朴な音の並びの中に・・・言葉に出来ない思いや悲しみ、憧れや絶望が詰まっています。


1音1音に拘って、大事に大事に練習しています。


自分の中で、今までの自分の演奏では納得がいきません。


目指す所がハッキリと見えています。
見えているということは、努力で到達できるということの証。


地道に毎日コツコツと。


本日、8時間練習し、そろそろ終えようかというところで、
作品と一体となれる瞬間が訪れました。



シューベルトの小品を弾いていて、「ある人の気持ち」を見つけてしまいました。



絶望の中で、微かに・・・

しかし、確かに見える光



こんな世界にいたのかな・・・と



シューベルトの音の中に、見つけてしまいました。
その瞬間、一気に視界が明るくなったように、音楽が歩み寄ってきて、さらには全身を包み込んでくれました。


自分の中にある悲しみが癒されることを体験しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。