Welcome to my blog

ピアニストな日々。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からだの使い方を知る

土曜日は、神保町町会様からのご依頼で、和亭なにわにてコンサートを開催しました。
ショパン、リスト、ドビュッシーの耳馴染みのある名曲と、シューベルトの小品を選曲しました。





作曲家によって、世界観は様々です。
当然、求められる音色が違うので、意識的にタッチを変えるのですが、なにわのピアノはそれに答えてくれるので、とても感動的なのです。


指先を固めにするタッチや、指の腹を使うタッチ、指のレガートなのか、響きのレガートなのか、ペダルの分量とタイミング、音の濃淡の付け方などなど。
以前に比べ、変化を付けられるようになった自分の技術力を実感できました。
これからも頑張ろうと思います!



「音色が温かかった」
というご感想を頂きました。

こちらの思いが伝わって嬉しいです。


やはり、演奏者が、その作品を通じて、何を考え、何を伝えたいのかを明確に持っている必要があり、それには、その作品を十分に弾くことのできる『技術』あってのことだと、最近特に痛感しています。
ここでいう『技術』は、感覚的なものではなくて、身体の使い方『奏法』が、明確であるということです。
例えば、ものすごく感性が豊かで、伝えたい思いや情熱に溢れていたとしても、それを明確に伝える技術が無いと、不安定な演奏になります。


弾いている本人も迷いの中にいます。


『こうすれば、こういう音が出る』


という事を、身体の使い方というアプローチで理解していて、それを具現化できる身体(筋肉など)を持ち合わせるようになると、様々な会場で様々なピアノに出会っても、冷静にコントロール出来るようになります!

まずは、解剖学的アプローチで、人間の骨はどう形成されているのか、筋肉はどこにどのようにあるのか、それぞれの部位はどこからどのように動き、どこから機能しているのか。
これらを理解する事で、身体の安定を得られ、身体の安定は、演奏中の心の安定にも繋がる事に気付きます。


脳がすっきり整理されている状態。


故 中村紘子氏は亡くなる直前にも、「新しい奏法を見つけたの!次のコンサートで試したい!」と仰っていたそうです。


素敵ですね。


音楽って本当に素晴らしい。
追求も勉強も、楽しい。


日々精進致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。