音の出し方を今一度考えてみる。

演奏や音楽のこと
01 /05 2017
本年も宜しくお願い致します!
昨日、仕事始めはアシスタントとして、キラキラ中高生に指導のお手伝い。

若いって素晴らしい。

たくさん吸収することで、自分の持ち味がわかり、同時に今後何を学ぶべきかの流れも、何となくでも見えて来ることと思います。
学んでいる際の子供たちのキラキラ感、大好きです(笑





この講座では、実際にピアノを弾き、音楽を感じ、慣れてきたら、さぁ!指揮をしてみよう!という内容。
私のお役目は、一緒に弾き音楽の流れを見せることと、その際のピアノ指導です。

ピアノは、言ってしまえば、押せば鳴ってしまう楽器です。
この導入が、多くの問題を発生させます(笑)
実際は、ひとつひとつ確認修正してから鍵盤に触れるということが大事。


どのような流れか、簡単にご説明しますね♪
まずは一度弾いてもらいます。
うん、なるほど・・・となり、以下からスタートです。


①まずは椅子の高さ、座り方を修正。だいたい皆さん低く設定しているので、少し高くします。重心が背中側に来ている方が多いので、おへそ側に修正。

②次に、ピアノの音の鳴る仕組み(簡単にハンマーの動きの事など)、そして音の鳴るスポットを教えます。

③そして、身体の使い方。ひとつひとつ、力みがあるポイントに実際に私が触れ、本人に自覚してもらいます。

④そして、最重要改善ポイント!鍵盤へのアプローチの仕方を変えてもらいます。多くは、下方向に押し込む弾き方になっているので、音がガチガチ、動きもガチガチという状態。前・上方向に抜けていくタッチや、すくうタッチなど色々あるので、その場に応じての内容になります。

きちんとした指導のもとに、自分自身が実践して気付く事で、音が変わります。弾きやすくなります。
楽譜の読み方を知り、作曲家を知り、背景を知ることはもちろん当たり前に大事です。ですがこれだけでは「ピアノを弾く」ということの勉強が置き去りに。。。

今一度、「音の出し方を考えてみる」

響きが変わることで、作品の本質が浮き上がってくるという発想です。

小ノ澤 幸穂

小ノ澤 幸穂 Yukiho Onozawa

東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学ピアノ科卒業。在学中、板橋区クラシックオーディション合格。第5回ヤングアーチストピアノコンクール奨励賞受賞。第30回国際芸術連盟新人オーディション合格。コンセール・ヴィヴァン新人オーディション合格。2006年、ポーランド国立ショパン音楽大学マスタークラスにてピオトル・パレチニ氏に師事。ディプロマ取得。2010年、及川音楽事務所第17回新人オーディション優秀新人賞受賞。2012年、音楽の友ホールにてソロリサイタル「音の先にあるもの」を開催。2013年より東京大学大学院情報学環・作曲指揮研究室にて演奏助手を務め、ドイツ・バイロイト祝祭劇場での音響収録や、初演作品や現代音楽の演奏に携わる。

現在、ソロリサイタルの他、アンサンブルでの活動も多く、声楽家・ヴァイオリニストなど多数のアーティストに招聘され共演、CD録音やリサイタルでの伴奏を務める他、オペラ公演ではオケ中ピアニストとして携わるなど活動は多岐に渡る。また近年、クラシック音楽を身近に広めることを目的に、トークコンサートをプロデュース。

これまでに、佐川草子、大野真嗣各氏に師事。日本クラシック音楽コンクール審査員。板橋区演奏家協会会員。及川音楽事務所所属。東京大学大学院情報学環作曲指揮研究室演奏助手。

----------------------------------------------

ご感想・ご質問、レッスンについては
こちらまでお気軽にどうぞ。
 
  yukiho.onozawa@gmail.com

----------------------------------------------