微笑みながら涙する

演奏や音楽のこと
01 /23 2017
21日(土)、第6回 和亭なにわクラシックコンサート、無事終演致しました!
前半はモーツァルトのソナタに始まり、ショパンのノクターン、マズルカを。後半はシューベルトの小品をお届けしました。アンコールは翌日に弾くコンチェルトを演奏しました。

自分にとっては珍しく、帰宅後すぐにビデオをチェックし改善点を明らかにしました。良いところも、今後良くしたいところも、受け入れられるようになりました(笑)心も身体も成長した模様です。





モーツァルトの2楽章や、ショパンのマズルカにある、「微笑みながら涙する」。そんな感覚。そのことをトークでお話したところ、深く共感したと仰って下さり、わかる方にはわかるこの感覚を共有できたことに幸せを感じました。

シューベルトの作品には「死と永遠と光と闇」が混在する世界を見ます。
今回のコンサートには特にテーマを定めておりませんでしたが、潜在的にそのような気持ちになっていたのだと思います。








終演後の懇親会では、お客様とお話が出来、これまた楽しい時間となりました。
最初、「私はそんなに詳しくないので・・・」とご謙遜される方も、おしゃべりしているうちに音楽に対する愛情や、好きな作品の話がどんどんと出てきて・・・こちらとしては「待ってました!」という思い^^

お客様のお好みを知ることは、こちらとしても視野が広がり、また皆さんに喜んで頂けるものをご準備できるきっかけにもなります。ですので大変嬉しく、ありがたいのです。これからも、皆さんが欲している作品をご用意しつつ、皆さんにも知って頂きたい作品を、積極的に取り上げていきたいと思っております。

小ノ澤 幸穂

小ノ澤 幸穂 Yukiho Onozawa

東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学ピアノ科卒業。在学中、板橋区クラシックオーディション合格。第5回ヤングアーチストピアノコンクール奨励賞受賞。第30回国際芸術連盟新人オーディション合格。コンセール・ヴィヴァン新人オーディション合格。2006年、ポーランド国立ショパン音楽大学マスタークラスにてピオトル・パレチニ氏に師事。ディプロマ取得。2010年、及川音楽事務所第17回新人オーディション優秀新人賞受賞。2012年、音楽の友ホールにてソロリサイタル「音の先にあるもの」を開催。2013年より東京大学大学院情報学環・作曲指揮研究室にて演奏助手を務め、ドイツ・バイロイト祝祭劇場での音響収録や、初演作品や現代音楽の演奏に携わる。

現在、ソロリサイタルの他、アンサンブルでの活動も多く、声楽家・ヴァイオリニストなど多数のアーティストに招聘され共演、CD録音やリサイタルでの伴奏を務める他、オペラ公演ではオケ中ピアニストとして携わるなど活動は多岐に渡る。また近年、クラシック音楽を身近に広めることを目的に、トークコンサートをプロデュース。

これまでに、佐川草子、大野真嗣各氏に師事。日本クラシック音楽コンクール審査員。板橋区演奏家協会会員。及川音楽事務所所属。東京大学大学院情報学環作曲指揮研究室演奏助手。

----------------------------------------------

ご感想・ご質問、レッスンについては
こちらまでお気軽にどうぞ。
 
  yukiho.onozawa@gmail.com

----------------------------------------------