春の準備

演奏や音楽のこと
03 /06 2017
今年度も間もなく終わりますね。世間としても始まりと終わりの準備で、何かと忙しい時期なのではないでしょうか。私も、今、全体的に人生が忙しい(笑)転換期、浄化の時期が来ていると感じずにはいられないような出来事が次から次と起こり、何もこうも重ならなくてもいいのにと笑ってしまうくらいです。そうそう、何か決断に迷ったときは、「勇気」を必要とする方向を選んだほうが、人生が飛躍するようですね。その勇気とは、「自信」なのかもしれませんね。そして自信とは、「積み重ね」から芽生えるものなのでしょうね。

そんな日々ですが、きっとその頃は春爛漫であろう4月22日。神保町和亭なにわにて、第7回目のクラシックコンサートを開催いたします!今回のゲストは多方面で大活躍されているベテラン歌手お二方をお呼びします!!

      0001.jpg

暖かな春を想像し、これから具体的にプログラムを詰めていきます!
座席に限りがございますので、もしご興味ございましたら早目のご連絡を!!

小ノ澤 幸穂

小ノ澤 幸穂 Yukiho Onozawa

東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学ピアノ科卒業。在学中、板橋区クラシックオーディション合格。第5回ヤングアーチストピアノコンクール奨励賞受賞。第30回国際芸術連盟新人オーディション合格。コンセール・ヴィヴァン新人オーディション合格。2006年、ポーランド国立ショパン音楽大学マスタークラスにてピオトル・パレチニ氏に師事。ディプロマ取得。2010年、及川音楽事務所第17回新人オーディション優秀新人賞受賞。2012年、音楽の友ホールにてソロリサイタル「音の先にあるもの」を開催。2013年より東京大学大学院情報学環・作曲指揮研究室にて演奏助手を務め、ドイツ・バイロイト祝祭劇場での音響収録や、初演作品や現代音楽の演奏に携わる。

現在、ソロリサイタルの他、アンサンブルでの活動も多く、声楽家・ヴァイオリニストなど多数のアーティストに招聘され共演、CD録音やリサイタルでの伴奏を務める他、オペラ公演ではオケ中ピアニストとして携わるなど活動は多岐に渡る。また近年、クラシック音楽を身近に広めることを目的に、トークコンサートをプロデュース。

これまでに、佐川草子、大野真嗣各氏に師事。日本クラシック音楽コンクール審査員。板橋区演奏家協会会員。及川音楽事務所所属。東京大学大学院情報学環作曲指揮研究室演奏助手。

----------------------------------------------

ご感想・ご質問、レッスンについては
こちらまでお気軽にどうぞ。
 
  yukiho.onozawa@gmail.com

----------------------------------------------