リラックスってむずかしい

演奏や音楽のこと
04 /30 2017
私にとって最も難しいことと言えば、、、リラックスすることでしょう。

カラダを見るプロに出会うと必ず「あ~、常に緊張状態だね~。大変だこりゃ」と言われます(笑)以前、胃カメラを飲むときの麻酔が普通の人は眠ってしまうレベルだったにも拘らず、私は覚醒しており、お医者さんがびっくりしていたこともあったほどです。おそらく、カラダの凝り固まりが影響して自律神経がやられているのでしょう(笑)

今回も、新しくご縁の出来た方に私の緊張をズバリ見破られ、寝ているときも緊張しているだろうとも言われ、まるで武士だなと思いました。武士さんは片目を開けて寝ていたそうですからね!!私は武士ではありませんので、とにかく永くピアノが弾けるように、体のメンテナンスは今まで以上にやっていきたい所です。

そんな、常に緊張している可哀想な私に、「波動が良いからリラックスできるよ~」とお紅茶をプレゼントして頂きました!優雅でリッチなお味なのに、何故か肩の力が抜けて、はぁ~っ、と幸せなため息が漏れます。全身に爽やかに澄んだ風が吹きます。カラダがほぐれると、心もリラックスできますね。リラックスすると呼吸がしやすくなり、なぜか集中力も高まって、練習がはかどりました!

     


新しく発売されたばかりで、ブレンダーは弱冠17歳とのことです!!センスに年齢は関係ありませんね。
お紅茶好きの方、日々の生活に疲れているそこのあなた。おススメ致します。

Nuit Étoilée


     

そして、お紅茶のお供は、生徒さんから頂いたピアノ、じゃなかったお菓子です(笑)箱を開けたらピアノが出てきて、わーー!!となりました。ちなみに鍵盤の中にはとっても美味しいフィナンシェが入っています。こういった洗練された遊び心も、人をリラックスさせてくれるものですね。

私は、私の奏でる音楽を聴いて下さる皆様を、リラックスさせたり、時に昂らせたり・・・。そのためにも、自分の体を、これまで以上に大切に、大事にしていこうと思います。うまくまとまった。

小ノ澤 幸穂

小ノ澤 幸穂 Yukiho Onozawa

東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学ピアノ科卒業。在学中、板橋区クラシックオーディション合格。第5回ヤングアーチストピアノコンクール奨励賞受賞。第30回国際芸術連盟新人オーディション合格。コンセール・ヴィヴァン新人オーディション合格。2006年、ポーランド国立ショパン音楽大学マスタークラスにてピオトル・パレチニ氏に師事。ディプロマ取得。2010年、及川音楽事務所第17回新人オーディション優秀新人賞受賞。2012年、音楽の友ホールにてソロリサイタル「音の先にあるもの」を開催。2013年より東京大学大学院情報学環・作曲指揮研究室にて演奏助手を務め、ドイツ・バイロイト祝祭劇場での音響収録や、初演作品や現代音楽の演奏に携わる。

現在、ソロリサイタルの他、アンサンブルでの活動も多く、声楽家・ヴァイオリニストなど多数のアーティストに招聘され共演、CD録音やリサイタルでの伴奏を務める他、オペラ公演ではオケ中ピアニストとして携わるなど活動は多岐に渡る。また近年、クラシック音楽を身近に広めることを目的に、トークコンサートをプロデュース。

これまでに、佐川草子、大野真嗣各氏に師事。日本クラシック音楽コンクール審査員。板橋区演奏家協会会員。及川音楽事務所所属。東京大学大学院情報学環作曲指揮研究室演奏助手。

----------------------------------------------

ご感想・ご質問、レッスンについては
こちらまでお気軽にどうぞ。
 
  yukiho.onozawa@gmail.com

----------------------------------------------