Welcome to my blog

ピアニストな日々。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主観を語る

先日、リサイタルのことを友人と話している中で、「主観」ということについて考えを巡らせました。
そもそも自分の持つ「主観」とは、その対象に対して自分がイメージしたものの表れです。
例えばショパンに、ベートーヴェンに、自分がどう感じるのか。
実際演奏していると、かなり細かい所に入り込み、このフレーズのこの1音に、この和声の変化に、自分は何を感じるのか、という自問自答の期間というものが自ずとやってきます。
そこで感じたもの、ある種の答え、それを「主観」と提示してみます。

作曲家のパーソナリティやメンタリティを作品から読み取っている、はたまた文献からの情報で背景などを知っているから、という事もあるかもしれませんが、それは裏付けのようなもので、要素としては少ないと感じます。
やはり「音楽」に「私」が入り込み、混ざり込んだ結果生まれてきた答え=演奏。これがいわゆる「主観」かなと。

何故このような答えの出ないような事に考えを巡らせたのかと言いますと、(それが芸術の醍醐味だけど)例えばプログラムノートやトークに、何拍子だの何形式だのといった情報は必要なのであろうか?と言った所から始まったわけです。
もちろん、作曲にはきちんとしたルールがあり、形式があるわけですが、それは弾き手が分かっていればいい事で、聴く人にとってそれらの情報は音楽を難解なものと、頭で考えさせてしまうのではないかと思うのです。

例えばその曲のイメージを自分の言葉で、「私はこう思っているのです。」と語ってはダメですか??

う~~ん


例えばコンクールで、みんな同じような演奏をしている、などと言われることがありますね。
コンクールというのは、点数を付けられる場なのです。
そこでは時に、審査員の好み・主観で振り分けられる恐れがあるので、自分の本当にやりたい表現を抑え、無難な演奏に徹しているからとも言えます。
先生からコンクール用の演奏(減点されない演奏)を習ったからというのもあるでしょう。


う~~ん

そうしますと、1位も2位もない、個人のリサイタルというものはいったい何なのか。


再現芸術の面白さって、『クラシック音楽のルール、各々の作曲家の体系を守り、それを壊さずして、その中で1音1音に微調整を加え自分の色を付けていくという、スリリングかつ緊張感のある時の流れを作ること。』だと思っています。
完全に準備されたものに、その完成された世界観を壊さずして、「私」をどう調和して、それを音楽としてどう開放していくかという、まるで「イタコ」のような、そんな行為。
それが演奏家の役目だと思っています。


今日はめちゃくちゃ主観を語りました。


そうそう、演奏における主観とは、あくまでも基礎となる楽曲分析、技術があったうえでのものです(^-^)


   小ノ澤幸穂ピアノリサイタル 2017年11月26日(日)
   IMG_1633.jpg  IMG_1634.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。